薬剤塗布のズレを利用したデジタルクリープパーマデモストvol.1

0
     昨日は、横浜にてデジタルパーマのデモンストレーションを行ってきました☆

    デモストに入る前におさらいとして
    パーマや各還元剤、クリープについて
    理論的なお話をさせていただいたあと、
    実際にモデルさんにデジタルパーマをかけていきます。

    今回はモデルさん2名☆☆

    1人目にモデルさんは縮毛矯正を繰り返している状況でした。
    ベースのカットはあらかじめしてもらいました。
    矯正毛だとちょっと怖い部分がありますよね(汗)

    薬剤のチョイスとしては
    1、前処理なし
    2、還元コントロール
    3、薬剤塗布

    前処理なしからの
    グリシスS:リボルバーAC=1:1の配合

    そのまま塗布していきます。

    今回は同じく横浜で去年の9月に独立OPENされました
    ヘアースタジオBOBのオーナーで
    リスペクツ、パーマコンプリートの卒業生でもある

    櫻井さん
    に技術的ことを講師として応援にかけつけてくれました♪♪

    パーマコンプリートの中で習った
    デジタルパーマにおいての薬剤塗布方法を伝えてくれました。

    薬剤の塗布の仕方でデザインもかわってくるんですね!!!

    基本デジタルパーマは前処理還元法で行っていきます。
    ワインディングしたあと、薬剤を塗布するのも良いと思いますが、
    前処理還元の方が、むら無く、薬剤が均一に塗布できることがメリットです。

    普通は平状に薬剤を塗布していきますが、今回は縦スライスでパネルを上に引き出して
    薬剤を塗布していきます。


    上に引き出して塗布し、それが落ちることによって薬剤でのズレが
    でてきますね。
    それを平巻きにてワインディングすると、
    今までの平状で薬剤を塗布したときよりも立体的にカールがずれてくるんですね。

    今まで気づかなかった、薬剤の塗布を少しアレンジするだけでも、デジタルパーマで
    あまりみられないパーマのデザインができるのではないででょうか?
    幅が広がりますね☆


    そして薬剤自然放置約7分
    中間水洗☆☆
    中間処理→ペリリン
    ワインディング

    ちょっとロッドの用意が少なかったのですが
    18mm・20mm・22mm
    あたりにてワインディングです。

    ODIS2加温
    今回は矯正毛でハイダメージでの設定で
    通常より10度づつ温度を下げました。

    50度3分→60度3分→80度5分

    その後クーリング。
    ヘマYO20倍希釈

    時間がなかったので今回は2液は過水で5分


    バァーっと乾かした状態です!!!!
    櫻井さん曰く、前髪もかけたかったとw


    最近、フィードバックとして
    皆様にアンケートを書いていただいているのですが、
    今回もパーマについて、今まで悩みであったり
    今回の仕上がりや講習についてアンケートを行いました。

    皆さん、多い意見が
    ◎ダメージ毛やハイダメージ毛、矯正毛に対しての
    パーマが思うようにコントロールできなかったという声が多かったです。
    ◎ダメージ毛に対しての薬剤選定があいまい・不安という声
    ◎前処理してるがダメージ感が残ってしまう。。。

    などなど今までのパーマでの悩みはこのあたりの声が多いですね。

    またこのデモストに対しての意見として
    ◎デジタルパーマのイメージが変わった。
    ◎前処理もしてないのに、手触りが柔らかく思っていた以上にダメージ感を感じなかった。
    ◎ダメージ感がなかったのと、ゆるくフワッとな仕上がりでだれそうな緩さではない。
    ◎薬剤のコントロールやその考え方などが明日からサロンワークで生かせそう。

    と、様々な意見をいただきました☆☆☆

    今後、皆様にもパーマについてや講習についてのアンケートを実施させていただきますので
    ご協力よろしくお願いします☆☆

    この声をもとに、より良い方向に
    もっともっと改善していけるように
    リスペクツもがんばります☆☆

    モデルさん2人目は
    次回につづく。。。


    よろしくお願いします☆





    お問い合わせはリスペクツまで
    ↓↓↓

    リスペクツ ゆも

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM